> 活動レポート > フィールド活動第1弾 じゃがいも植えと花植え

活動レポート

活動レポート

フィールド活動第1弾 じゃがいも植えと花植え

2005年03月27日 更新

◎日 時:  2005年3月27日(日)  9:00~14:00
◎集合場所:  旭志道の駅
◎参加費:  大人(18歳以上) 500円  子ども 無料
※ただし大人は、NEXTEP会員登録が必要。

 

◎事後レポート
第一回目は小雨!?という天候の中、雨合羽を着てジャガイモ植えが始まりました。空は曇っていましたが、山の青々しさが目の前に広がっています。新鮮な空気はエネルギーに変わります。以前から「土がほくほくしてるよ」と聞いていたので触ってみると、とても柔らかく赤ちゃんのほっぺの様。指導者の宮下さんが土を掘り起こして下さったあと、みんなで畑に入ると・・・。柔らかい土と雨が混ざり、足元は巨大な土の塊がくっつて離れません。土が足を引っ張ります。自然の力強さを感じました。

 

さて、ジャガイモですが30cm間隔で7~8cmの穴の中にタネを植えました。男爵とメークインの二種類です。収穫が3ヵ月後くらいと聞いて驚きました。(その他に鷹の爪・小松菜・葉大根・のタネを隅っこにまいています。)それから、あぜ道にはカラフルな色の花(パンジー・ペチュニア・キンセンカ)でデコレーション。祖母の家に行くと必ず咲いていたキンセンカ。春になると家の庭にパンジーが植えられるので、今年は何色かな~?とワクワクしながら待っていた事を思い出しました。1本だけ見つけたつくし。(発見者=ゆみこちゃん)頭を出して春を告げています。ホーホケッキョ!この声を聞いて「なんて贅沢な時間を過ごしているんだろ~」と全身で幸せを感じてしまいました。

 

全て終わった時にはちょうどお昼前。火をおこしてお鍋です。野菜の甘味とだしが利いていて「おかわり~」の連発でした。うどんとだし昆布までスルスルと食べ、皆のペコペコお腹を満腹にしてくれました。そして土山さんから教わった割り箸のこわい話。これから、NEXTEPではMy箸持参です。

 

最後となりましたが、当日まで準備等にご協力いただいた方々に深く感謝申し上げます。そしてうさぎの三郎、また会いに行きます。

 

終わり。

 

 

(文:夏原、写真:西川)

NEXTEPの活動にご支援いただいている特別協賛各社