> 活動レポート > フィールド活動第3弾・大豆・トウモロコシ・小豆の種まき、竹小屋つくり

活動レポート

活動レポート

フィールド活動第3弾・大豆・トウモロコシ・小豆の種まき、竹小屋つくり

2005年05月29日 更新

◎日 時: 2005年5月29日(日)
◎場 所: NEXTEP畑

天気は快晴の農業日和の日曜に行いました。

 

第一回目に植えた、じゃが芋の周辺にニョキニョキと生えた雑草達を丁寧に抜いていきました。皆結構真剣で、おしゃべりしながらも手はシャキシャキと動きます。土がとっても柔らかいので、気持ち良い程スルスル抜けました。雨の日にウネを作ったからとのこと。沢山茂っていた雑草達も綺麗に取って、青々したじゃが芋の成長に目を細めながら、冷たい麦茶で休憩。

 

試しに、じゃが芋を掘り起こしてみると小さいながらにも、可愛いじゃが芋がゴロゴロ。6月の終りには立派に成長してるでしょうとのコトで、収穫が楽しみですね。 大根も大きくなろうと頑張ってましたが、精一杯だった様子。細かったけど収穫です。

 

今回は、更にとうもろこしと、シソ、大豆、小豆を植えました。鳥避けの為に、少し赤みがかかったシワシワのとうもろこしの種を、土に軽く押し入れていきました。シソは、雑草のように強いみたいで、豆まきするように撒いていきました。作物によって、季節、撒き方等など違って面白いなぁと思いました。

 

畑の周辺には桑の実が生ってて、初めての人も懐かしい人もはまって取りに行ってました。私は、小学校時代が懐かしいなぁと赤黒い可愛い実を頬張りながら甘酸っぱい気分。同世代の皆は初めてだったみたいで、新鮮に感じてたみたい。すごく美味しかった。

 

お腹も空いて来たので、午前の作業を終了して、牛舎へ移動です。今日のメニューは夏先取りの「流しそうめん!!」 もちろん流すのは、力持ちさん達が切り出して来た竹にて。立派な竹を慣れた手付きで二つに綺麗に割って、節を削いでいく。籠やブロックを使って竹のセッティング。女性陣は、そうめんの準備。着々と支度は整って、流しそうめんは始まりました。

 

食べる係りは、器に持ち寄った薬味を入れてまだかまだかと待ってて、流す係りは皆で持ち寄ったペットボトルに入った水と茹でたてのそうめんを流していき ました。

 

交代しながら、皆で美味しい流しそうめんに夢中になりました。流しそうめんに舌鼓を打った後は、午後の作業に移りました。前回、小屋の柱を立てたので、その屋根作りです。屋根の素材は、細い竹30本程を編んで(紐で結んで繋げていく)?セットを10組程。

 

男性陣は竹を切り出して、同じ大きさに揃えていく。女性陣は、竹編み。皆、話をしながらも汗を流しながら作業に取り組んでいきます。思ったよりハードな作業でした。でも、小屋の屋根がやっと完成したら、疲れが吹っ飛びました。皆の力の結集です。後は、台風に備えて補強が必要とのこと。

 

最後まで頑張れたのは、おやつに食べたじゃが芋で、元気になれたからかもしれませんね。

 

試しに掘り起こしたじゃが芋を、鍋で塩コショウと水とで茹でました。皮のついたままのホクホクじゃが芋は格別!塩コショウだけで、ご馳走に早変わり。皆で美味しく頂きました。休憩しながら、鋭気を養えたとは言いすぎかもしれませんが、本当に美味しかったですね!!

 

全ての作業が一段落着いたのは、16時になってました。疲れたけど、楽しい一日となりました。

 

次回はじゃが芋の収穫になります。すごく楽しみです。他の作物の成長も楽しみです。

NEXTEPの活動にご支援いただいている特別協賛各社