> 活動レポート > フィールド活動2006第1回 ~ジャガイモ植え&旬を味わう~

活動レポート

活動レポート

フィールド活動2006第1回 ~ジャガイモ植え&旬を味わう~

2006年03月26日 更新

◎日 時: 2006年3月26日(日) 9時~16時
◎場 所: NEXTEP畑
◎参加者: 33名

 

昨年に引き続き、今年も雨でした。そのうち晴れることを願いながら、カッパ姿で畑作業を開始しました。
まずはじゃがいも植えです。今は何もない畑ですが、じゃがいもを植えて、芽が出て・・・夏には自分の背丈よりも背の高い雑草が生えることとか、収穫までの話を聞いて、とても楽しみになってきました。じゃがいもにも色んな種類があります。黄色い普通のじゃがいもの他に、赤いのや紫のやまだらの。名前も初めて聞くものばかりです。「インカのめざめ」「デストロイヤー」など、誰がつけたんだろうという面白いものもありました。
畑の畝には、黒いビニールがかぶせてあります。30~50cm間隔で穴を開け、にぎりこぶしくらいの深さまで土を掘ります。その中に種芋を1個入れ、土をかぶせておしまいです。植える深さはなるべく深い方がいいそうです。なぜなら新しいじゃがいもは、種芋の上にしかならないからです。いもを植えるこの作業には、専用の道具もあって驚きました。じゃがいもを植えたところには看板も立てました。板にマジックでオリジナルに名前を書きました。これでどこに何を植えたか一目瞭然です。
雨足がどんどん強くなってきたので、畑をあとにして牛舎(元)へ移動し、昼ごはんの準備に取り掛かりました。火おこし・おにぎり班と天ぷら・みそ汁班に分かれて作業開始です。天ぷらは、ナスと玉ねぎとたらの芽と大葉とレンコンと、かきあげも揚げました。内緒で味見した揚げたての天ぷらはすごくおいしかったです。みそ汁には玉ねぎたくさん、レンコン、じゃがいも、畑の周りでとってきたのびるも入れました。おまけにレンコンのきんぴらも作って頂きました。みんなで「いただきます」をして、どれも最高においしかった!冷え切った体が温まりました。特に、今回みんなで取り合って食べたのはレンコンチップスでした。レンコンを薄く切って揚げたものに塩を振って食べるとものすごくおいしいんです。レンコンチップスは胃もたれしないんだそうですよ。レンコン自体がとても甘くておいしかった。また食べたいです。
昼ごはんを食べ終わり、後片付けもすむ頃、気がつくと雨があがっていました。再度畑へ行き、今度は来月のために野菜の種まきです。畑のふかふかの土を小さなポッドに入れ、しそやピーマンやかぼちゃの種を植えて、皆それぞれ持ち帰ります。1カ月の間、自分の家で育てて、芽がでて苗になったのを次回畑に植える予定です。これが宿題です。宿題をつくり終えたらすっかり夕方でぴかぴかのいい天気で、みんなで踊ったり、かけっこしたり、楽しく過ごしました。
最後に晴れて良かったです。雨で泥んこになるのもたまには面白くて楽しいけど。宿題は、ちゃんと芽がでるか心配もあるけど楽しみです。水やりを忘れないようにがんばろうと思います。じゃがいも収穫まではもう少し時間があるけど、大きくなっていく途中の様子を見るのも楽しみです。おいしいじゃがいもたくさんできたらいいな。そしたら赤いのと紫のと黄色のいもの味比べをしたい。

 

 

(文:加藤、写真:夏原、今村)

NEXTEPの活動にご支援いただいている特別協賛各社