> 活動レポート > フィールド活動2006第2回 ~夏野菜とサトイモの植え付け、向日葵の種まき~

活動レポート

活動レポート

フィールド活動2006第2回 ~夏野菜とサトイモの植え付け、向日葵の種まき~

2006年04月23日 更新

◎日 時: 2006年4月23日(日) 9時~16時
◎場 所: NEXTEP畑
◎参加者: 31名

 

◎事後レポート

 

雨も上がり、天気は曇りで気持ちのいい日。
1ヶ月ぶりの畑では、先月植えたジャガイモが葉を出していました。一緒に顔を出していた草を取る事から活動のスタートです。前日に雨が降っていたので土が湿っていて、どんどん草が抜けます。植えてあった水菜、ほうれん草を間違えて抜かないように注意して行いました。子ども達は草の下から出てくる虫たちに興味津々!!。てんとう虫、みみず、名前のわからない黒い虫など・・手に取るみんなの目はキラキラ。こんなひとコマ、これも畑作業の楽しみの1つ。
次にみんなが宿題で育ててきた夏野菜の苗植えです。先月、植えた種は芽が出て苗になってるかなぁ~??カボチャは去年とれたカボチャの種から二世が誕生していました。ポットから丁寧に種を出し、”大きくな~れ!!”みんなでお祈りをしながら植えました。
他にも、パプリカ、ピーマン、唐辛子、オクラ、キュウリ、ミニトマト、ナスなどの夏野菜を植えました。しかも同じ野菜でもいろんな種類があり、それぞれに手作りの看板を立てたので収穫が楽しみです。それから、ブルーベリーの苗も。白くて小さい花を付けた苗は7月下旬に実を付けるようです。
午前の作業を終了し、牛舎へ移動し、昼食の時間。今日のメニューは”だご汁”。里芋、鶏肉、ねぎ、人参、大根、ごぼうがはいった具だくさんの鍋に、思い思いの形にだごをちぎりながら入れ、味噌を入れて完成。大きいだご、ハート型のだご、面白い形のだご(笑)いろんな形がありました。みんなおかわりをして、すぐに鍋は空っぽになりました。
お腹いっぱいになったら、お昼からはゴーヤの棚つくりと向日葵の種まきです。ゴーヤの棚は去年は台風で倒れてしまったとのこと。竹を組み立てる男性はかなり力がはいっていました。苗と種があり、種は去年採れたゴーヤの種を乾燥させたもの。種の外側の硬い殻を軽く歯でかんで、中から緑色の種を出して植えました。
今回で2回目の参加ですが、畑活動のいろいろな魅力の発見があります。みんなで土をいじりながら、おしゃべりをして、笑い、そこにはゆっくりとした時間が流れています。野菜の成長をみんなで見守っていくことが本当に楽しみです。

 

 

(文:荒木陽子、写真:渕上、池畑)

 

 
<感想>
・農業活動は日頃する機会がなく、とても貴重な体験ができました。また、活動を通して様々な人と触れ合い、男女年齢問わず、仲良くなることができました。また、野菜作りは成長をみることができるので、1回きりでなく、継続していきたいという意欲もうまれてよかったと思います。(22歳 女性)
・けっこうハードだったけど、いろんな野菜を植えて楽しかった。汚れたけど、意外と気持ちよかった。御飯は美味しかった。本当に疲れたけど、久しぶりに自然と触れ合えて楽しかった。子供たちがおもしろかった。(22歳 女性)
・農作業は何度かしたことがあったが、今回のように年上、年下の人たちと大勢でやったのは初めてだった。楽しくできたのでよかった。次の機会があれば時間を作ってでも参加したいです。(21歳 男)
・2回目の参加でした。盛りだくさんの内容でとても楽しく1日を過ごさせて頂きました。聖路加の細谷先生も小児がん経験者を集めて年に1回サマーキャンプ「スマートムンストン」を開かれているのですがNEXTEPの活動は、その内容を凝集した日帰りの充実ぶりだと思っています。ありがとうございました。
・とても楽しかったです。「バカ」=「オナモミ」をつけあったり、魔法のほうきを作ったり、ラッカセイ の穴堀をしたり、みんなでダゴ汁を作ったり、とても楽しい1日でした。今後もぜひお手伝いをしたいなと思いました。(9歳 女性)
・お昼御飯を作ったのが楽しかったです。(9歳 女性)

NEXTEPの活動にご支援いただいている特別協賛各社