> 活動レポート > Fantasista~思いを行動に変える~

活動レポート

活動レポート

Fantasista~思いを行動に変える~

2006年05月27日 更新

◎日 時: 2006年5月27日(土)
開場 13:40~ 16:40
◎場 所: 熊本市中央公民館
◎参加人数: 59名

 

Fantasista

 

株式会社グローバルキャスティング代表取締役社長という肩書きの中野大吾氏の講演会は、今までのNEXTEPにないタイプのゲストということもあり、どんな話が聴けるだろうかという、静かな期待感の中スタートした。
まずはじめてに現在の仕事についての紹介があった。会社の詳細は、HP(http://www.g-casting.com/)にも記載してあるのでここでは詳しく述べないが、ハリウッド映画のオーディション情報をアジア向けに配信したり(約15000人が登録)、海外から受注したアニメ制作の仕事を国内のアニメクリエーターに紹介するといったことを事業化している。30歳にして、世界を相手に仕事をしている彼であるが、語りかけるような口調は親近感を与え、遠い話のように感じてい。ラストサムライやパイレーツオブカリビアンにエキストラを大勢派遣した話などは、知ってる映画だけに自分も出たい、というような感想を持った参加者も多かったのではないだろうか。
次に現在の仕事に至るまでの経緯として、学生時代に大けがをして6ヶ月ほど入院したことが転機になり、海外を旅した話や就職活動で知り合ったコネクションを使って、異業種交流会を立ち上げ、約2000人を集めてイベントを行った話などがあり、起業という未知の世界の話から、学生時代の話に移ったことで、参加していた学生たちにとっては、非常に良い刺激になったのではないか。その後就職し、2ヶ月で退社して起業したことには、その行動力にただただ驚くばかりであるが、無謀なかけではなく、魅力的なチャレンジとして楽しみながらやっている姿に同年代として大きな刺激を受けた。
最後に、今後のビジョンとして、一人一人の才能を発揮できる社会を創っていきたいという言葉で締めくくった彼のメッセージが、心地よく響いた。
第2部では、熊本で若者が中心になって動かしているNPO活動をいくつか紹介してもらった。「思いを行動に変える」というのがこのイベントのテーマであるが、いきなり世界を相手に何かをやることは難しく、自分の身近な行動を変化させていくことの積み重ねが変化をもたらすと思い、身近な活動の紹介をいれてみた。それぞれに興味のある活動が見つかったかは分からないが、今後のそれぞれの一歩につながらメッセージが届いていればと思う。

 

(文ー島津、写真ー草部)

NEXTEPの活動にご支援いただいている特別協賛各社