> 活動レポート > フィールド活動2006第8回 ~秋の収穫祭~

活動レポート

活動レポート

フィールド活動2006第8回 ~秋の収穫祭~

2006年10月22日 更新

◎日 時: 2006年10月22日(日) 9時~15時
◎場 所: NEXTEP畑
◎参加者: 28名

 

◎事後レポート

 

秋晴れの日曜日。
今日は子供たちも楽しみにしているフィード活動の日である。いつもの集合場所である「旭志道の駅」に子供たち4人を連れて向かった。ちょっと早めに着いたので、道の駅の裏の公園を散策してみると百万本(?)のコスモス畑が目の前に広がり、思わず満開のコスモスの中を子供たちと散策した。朝からとても清々しいスタートとなった。そういえば今日は「秋の収穫祭の日」お昼のご馳走が楽しみである。

 

今回は子供の参加がいつもより多く、にぎやかな収穫祭となった。今日の収穫物は「イモ」である。豊満な有機の土壌で育ったカライモは中々の大物となっており、子供たちはより大きな獲物(イモ)をゲットすべく競い合ってイモを掘っていた。畑の中では冬眠を前にした幼虫も順調に育っていた。
カライモの他に里芋も収穫した。大きな緑の葉っぱの下に里芋が鈴生りとなっていた。「すごい!こんなに生っている!」「俺のも!」子供たちの歓声が湧き上がる。里芋レーンの半分位の収穫であったが用意したコンテナに入れきれない位の大収穫であった。(次回も好御期待!)

 

掘った後の畑には、大きな袋詰めの堆肥をみんなで力を合わせて撒き次回以降の植付けに備えた。晴天ではあったが、さほど暑くも無く作業には絶好のコンディションであった。
そして、お待ちかねのランチタイム!!
もちろんメニューは「イモ料理!」のオンパレード。
芋の雑炊、芋の煮付け、大学イモに焼き芋…
みんなでお腹いっぱいに芋を平らげた。
まったりとした午後の時間を過ごし、おまけに帰りは袋いっぱいのイモのお土産付き。とっても大満足の秋の収穫祭第2弾であった!
来月以降の収穫も楽しみだ!
 (文ー欽ぱぱ)

NEXTEPの活動にご支援いただいている特別協賛各社