> 活動レポート > フィールド活動2008年10月~芋掘り~

活動レポート

活動レポート

フィールド活動2008年10月~芋掘り~

2008年11月02日 更新

◎日 時: 2008年11月2日(日)
◎場 所: NEXTEP畑
◎参加者: 22名

 

◎事後レポート

 

11月2日、先週の日曜(10月最後の日曜)が雨で中止になったこともあって、11月のはじめに10月分の畑での活動をすることになりました。
朝は曇り気味で雨降らないかな?と思っていたら、畑に着くころには晴天に!天気に恵まれて10月の畑がスタートしました。
よし、イモ掘りだ、と思って始めようとしたら、のっけからスタッフが遅刻(仕事で)したりとかで少し焦りながらも、サツマイモとサトイモ掘りに取り掛かりました。

こどもも大人も、スコップを持って、もしくは軍手だけで一生懸命イモ掘りに参加。

 

しかし、掘り始めたのはいいのですが、掘れども掘れども大きいイモが出てこない。たまーにちゃんと成長したサツマイモがちらほらとれるのみ。サトイモに至っては、小さいのばっかり掘れます。子どもたちは、もちろん大人も、ちょっと拍子抜けしながらも、それでもスコップ片手に楽しくワイワイ言いながらイモ掘りできました。もちろん、大きいおイモもいくつか採れましたよ。

小さいのも含めて、とにかく全部イモを掘り起こして収穫した後は、ちょっとめんどくさい草取り作業。前回9月の終わりに植えた、大根、人参、人文字、にんにくの周りを草取りする予定だったのです・・・が、さすがにこの寒さで雑草たちも生えておらず、草取り作業は無しになりました。やったー。
そうとわかれば、さっそく牛舎に移動して、汗だくでお腹ぺこぺこの子どもたちは(大人も!)昼食の準備に取り掛かります。

 

牛舎に移動して、みんなでお昼の準備に取り掛かります。今日のメニューは「ご飯」と、今日採れたサツマイモとサトイモに色んな野菜を加えた具だくさんの「ぶた汁」、そして一人のお母さん(親子で参加されています)がサツマイモで作る「大学イモ」です!
男子の何人かは、手慣れた手つきで火おこしの準備をすすめ、一方、お母さん集団&女子チームは料理をはじめます。火おこし隊以外の男子も野菜の皮をむいたり、食材を包丁で切ったりと、慣れない炊事を手伝いながらもぶた汁づくりを楽しんでました。そして、大学イモ。お母さん自前のフライパンとコンロで、しかも揚げないで作った大学イモは、外はカリッと香ばしく、サツマイモの甘さが良く出ていて、とっても美味しい!!子どもたちにも大人気で、ぶた汁が出来上がるまえから、みんなバクバク食べてました。
超具だくさんの「ぶた汁」と「ご飯」が出来上がり、そして自前のフライパンで作ってもらった「大学イモ」もあわせて、お昼ご飯をいただきました。

 

昼食の後片付けがおわり、子どもと大人に分かれてミーティングを行いました。何について話したかというと、「来年度やりたいこと」についてです。

 

子どもたちからは・・・
【畑や牛舎で】
「いちご、メロンとか、果物をつくりたい!」
「お菓子(ケーキ)をつくりたい!」(牛舎の窯を利用して?)
「牛舎で鶏や豚を飼いたい!」
「田んぼで米づくりがしたい!」
「カレーやピザを作って食べたい!」
【外に遊びに行く】
「海や川で遊びたい、山登りしたい!」
「渓谷とかでキャンプしたい!」
「コーラを作っているところを見たい!」(工場見学?)
・・・などなど、まだまだ沢山意見は出たのですが、とりあえずこれくらいで。

 

子どもたちは発想が豊かな分、本当に色んな意見を出してくれました。この意見をスタッフや、子供たちを含めた参加者の皆さんで検討して、来年度はもっと充実したフィールド活動にしていければ良いなと感じました。
さて、次回の畑は11月30日。畑での活動は今年最後になります。ちゃんと晴れて、また色んなものを収穫して、美味しいご飯が食べられることを祈りながら、月末を楽しみに待ちたいと思います。(文:黒木)

NEXTEPの活動にご支援いただいている特別協賛各社