> 活動レポート > 1月22日 安田菜津紀氏 トークライブ

活動レポート

活動レポート

1月22日 安田菜津紀氏 トークライブ

2011年02月20日 更新

<トークライブ>

◎日 時: 平成23年1月22日(日)18:30~20:00

◎場 所: 熊本市下通 プロント地下1階リバーレ
◎参加者: 52名

 

◎事後レポート

 

今回で4回目となる安田菜津紀ちゃんのトークライブですが、毎回最新の取材についても取り上げてもらい、世界情勢を身近に感じにくい生活をしている自分には大きな刺激となります。

 

前半取り上げられたのはウガンダとフィリピン。

特にウガンダは、アフリカにあるということ以外は、詳しく知らない国でしたが、世界最高のHIV感染率や治安、衛生など、菜津紀ちゃんの視点からわかりやすく説明してもらいました。そして、他の国と変わらず、その貧しい国にも、普通の人の普通の暮らしがあることを。

 

後半は、菜津紀ちゃんのライフワークの1つとなっているカンボジアの話。

前回のトークライブで、「すぐにここに支援して下さい!」とか、「カンボジアに行ってください」といいたいのではなく、 ただ来て下さった皆様の中の種となって、花が咲くときが来てくれたら本当に嬉しい。そんな素敵な言葉を残してくれた菜津紀ちゃんでしたが、自分はその後の数ヶ月、種に水をあげれたのだろうか、芽が出る環境を提供できただろうか、そんな自問自答をしながら、話に聴き入りました。中学生、高校生にも菜津紀ちゃんの声を届けたい、多くの種をまいていきたい、そう感じました。

 

物理的な豊かさと精神的な豊かさのバランスを欠いてしまった国の中で、暖かい気持ちの連鎖が少しずつ時代を動かしていく。地味だけれど、いくら情報社会がすすんでいっても、人の暖かさの伝わる距離とスピードは変わらない、菜津紀ちゃんを熊本に呼び続ける理由はそんなところにあるのかもしれません。

 

次回は、写真展も開催予定です。

また、多くの人の参加をお待ちしています。
(しま)

NEXTEPの活動にご支援いただいている特別協賛各社