> 活動レポート > フィールド活動2011年5月~畑作業&バームクーヘン作り~

活動レポート

活動レポート

フィールド活動2011年5月~畑作業&バームクーヘン作り~

2011年06月03日 更新

◎日 時: 2011年5月29日(日)
◎場 所: 旭志の畑
◎参加者: 11名(子ども5名)

 

◎事後レポート

 

5月29日の畑は、前々日から台風が発生し雨風も強いことから中止にするかどうか迷いながら始まりました。午前中は畑作業だったのですが、予想通り雨が強かったため、カッパ組の少数精鋭でにんにくの芽やじゃがいも、そら豆などを収穫し、午後のイベントに備えて竹も切ってきました。ここでは子供たちは雨でも関係なく元気に走り回り、大人も負けずに遊びます。

 

収穫したものを集めて、いつもの牛舎で料理開始。今日のメニューはカレーうどんと、にんにくの芽の炒め物とサラダでした。みんなで作った釜に火を起こし、鍋を混ぜていると周りになんとも言えないいい匂いが立ち込めます。釜の場所にはちゃんと屋根もあるから、快適に料理が進みます。そのうち雨も少し弱まり、時々吹く突風が何かの花を巻きあげて、きれいな花吹雪を創ってくれました。外で作る料理は、そんな周囲の様子を楽しみながら、わいわいやるのが最高に楽しいんです。雨は雨の、晴れは晴れの、暑い日は暑い日の、自然はいろんな遊びに応えてくれるので子供も大人もいつでも笑顔。

そしてみんなで手を合わせて食事タイム。カレーうどんも炒め物も絶品です。長い板を挟んで向かい合わせで食べると、いつも以上に美味しく、どんどん食が進み、口いっぱいにほおばってしまいました。今回は雨のせいか人が多くなかったのでおかわり、おかわりでぺろりと完食。周囲の農家の方からもらったとろけるように柔らかいゴボウの煮付けも大好評でした。
食後はみんなで洗い物をして、本日のメインイベント『バームクーヘン作り』へ!この頃には天気も落ち着き晴れ間も見えるようになってきました。バームクーヘンは節を削った竹に生地をたらし、ぐるぐる回しながら焼く過程を何回も繰り返します。卵一つ割るのも初めての子もいましたが、上手に黄身と白身を分けてくれました。こういう活動では子どもにとって初めての挑戦がたくさんあるので、できるだけやらせてあげると一生懸命頑張ってくれます。大人達は大きな怪我にならないように、自分のご飯が食べれなくならないように、見守ります(笑)
竹の生地のだんだん厚くなってくると、切り目を入れトントン揺らすと見事にきれいなバームクーヘンが外れて歓声が上がりました。甘い香りとあったかい出来立ては、これまで食べたバームクーヘンの中で一番美味しかったです。見事にちゃんと層が重なってて、お手軽で楽しいメニューだったのでこれからの定番になっていきそうです。
そんなこんなで15時過ぎくらいになり、みんなで片付けをして解散。月に一度の貴重な時間はあっという間に過ぎて、来月のジャガイモ掘りがすでに楽しみになっています。活動も年を重ねるにつれ、進化し充実しています。参加するならイマですよ。皆さんの参加をいつでもお待ちしています。

 

(岡田)

NEXTEPの活動にご支援いただいている特別協賛各社