> 活動レポート > フィールド活動2011年7月~夏キャンプ~

活動レポート

活動レポート

フィールド活動2011年7月~夏キャンプ~

2011年08月13日 更新

◎日 時: 2011年7月16日(土)~17日(日)
◎場 所: 美里町ガーデンプレイス家族村~緑仙峡
◎参加者: 13名(子ども5名)

 

◎事後レポート

 

<活動内容>

16日:元湯佐俣の湯~ガーデンプレイス家族村(BBQ、キャンプファイヤー)

17日:緑仙峡フィッシングパーク(ヤマメ釣り、川遊び)

 

<本文>

ついにやってきました2011年フィールド夏キャンプ!!今回はちょっと場所を県内南側に移して、美里町の「ガーデンプレイス家族村」という所でのキャンプです。

 

1日目は集合場所を熊本市内にして、キャンプ場に行く前に「元湯佐俣の湯」という所で温泉に入りました。入ってみると肌がすべすべになりそうな良いお湯で、大人が気持ちよ~く浸かっていたら子供達は早々とあがっていってしまいました。ゆっくりすれば良いのに~。それから、風呂上りにコーヒー牛乳などを飲んだりして涼んだあとキャンプ場に移動しました。キャンプ場に着いたら借りたロッジの確認をして、荷物を運んだら夕食まで時間があったので広場まで野球をしに行ったりキャンプ場を散策したりしました。散策していたら、なんと「ナナフシ」を見つけ自然が豊かな所だなぁ。と感じました。そのあとダム湖の水際に行ってみたりしてロッジに戻ったらちょうど良いぐらいの時間になったのでBBQとキャンプファイヤーの準備を始めました。ヒグラシの鳴く心地良い環境のなかで準備開始です!キャンプファイヤー用に置いてある薪をだいたい1メートル弱の高さに自分たちで組んで、キャンプファイヤー準備はあっさり完了!BBQは野菜などを切って準備が整ったら、BBQ台を2台借りたので大人チーム対子供チームの火起こし対決が始まりました。子供チームからの要望でスタッフ1名を子供チームに助っ人として派遣し、先に火を付けるハンデをあげて競技開始です。経験に勝る大人チームかパワフルさでは負けない子供チームのどちらが勝つか始まる前は解らない勝負でしたが、蓋を開けてみれば大人チームの圧勝でした!勝負が終わってBBQを始めれば具材が焼けた台に集まっては食べては、また移動しては食べるという連続で用意したお肉が足りなくなるかと思いましたが、ちょうど良いくらいの量だったみたいです(たぶん)。午前中に畑から採ってきた韓国唐辛子は前に食べた時には辛くなかったので大丈夫だろう。と思って食べたら今回のはかなり辛かった・・・。
BBQが終わったらキャンプファイヤーに点火!意外と機会が無いキャンプファイヤーです。点火後時間が過ぎて少し高さが低くなったらキャンプファイヤーを飛び越える大人が現れました、その行動が原因でのちに大変なことになるとは知らずに・・・。キャンプファイヤーが落ち着いたらつぎは夏の定番、花火です!!最近は色々と変わった花火があるんですね。そして花火で遊ぶ子供も居ればスタッフが思いつきで用意した水風船を欲しがる子供も出てくるんです。次々にふくらませては大人を狙ってきました(笑)。こんなドタバタを楽しみながらキャンプ1日目の夜は更けていきました。

 

2日目は朝6時起床での活動開始となりました。朝起きると、前日のキャンプファイヤージャンプが影響し筋肉痛で足を引きずる大人が出現。無茶な行動をするもんじゃありませんね。早く起きた数人で朝の散歩をしたりしたあと、ロッジに戻ってみんなが起きたら朝食を食べました。食べて一休みしたらつぎのヤマメ釣りの場所までがちょっと遠いので早めにロッジの掃除と片づけをします。「来たときよりも美しく」の精神で、ロッジやキャンプファイヤーに使った場所を子供達もちゃんと手伝いながら掃除して移動開始です。細かな山道を長~~く降りていって到着したのが「緑仙峡フィッシングパーク」です。子供達は一人ずつ竿を持ち、餌のイクラを購入して最初は釣り堀コーナーでヤマメやマス釣りをしました。釣り堀とはいえ相手は生き物です、最初は餌だけを取られたりしていましたが次第にみんな釣れるようになってきました。釣れた魚を針から外すのも基本は子供任せにして取れない時は大人が手助けをして外します。そしてみんなが2匹ずつは食べられるだけ釣れたので、今度は流れる川での釣り開始です!ここへ到着した時点で運転していた大人はバテ気味になっていましたが、川に入ればとても冷たくひんやりしていて、ここまでの疲れが吹っ飛びました!!川での釣りはやはり難しいようで、餌を取られるばかりだった子も大人が手本を見せればちゃんと釣ることが出来ました。それから子供達は泳いだりスタッフと水を掛けあったりして涼しく過ごせました。疲れてきたら川から上がって、釣った魚を捌いて貰ったあと竹で出来た串を打ってもらい炭火で焼きます。焼く時は塩をたっぷり付けて焼くのがコツらしく、食べる時にはそれを落として食べると丁度いい塩梅に出来上がるんですね。その魚を遅めの昼食に食べて2011年度フィールド夏キャンプは解散となりました。

 

今回のキャンプではキャンプファイヤーをすることが出来て、美味しいBBQも食べれて、2日目の活動も子供達に好評でした。それでも反省点はしっかりあります。なのでその経験を次回の冬キャンプ以降の企画に生かしたいと思います。

 

(大津)

NEXTEPの活動にご支援いただいている特別協賛各社