> 活動レポート > フィールド活動2011年10月

活動レポート

活動レポート

フィールド活動2011年10月

2012年01月24日 更新

◎日 時: 2011年10月23日(日)
◎場 所: 水田
◎参加者: 25名(子ども13名)

 

◎事後レポート

 

<活動内容>

午前:稲刈り
昼食:新米のお弁当
午後:脱穀

 

<本文>

フィールド10月はいつもの畑と牛舎から場所を変えて、農作業の指導でお世話になっている宮下さんの田んぼでの稲刈り体験となりました。いつもの様に道の駅に集合したあと植木町の田んぼへ移動です。到着して、辺りを見渡せば黄金色に色づいた稲穂の風景でした。今回はNEXTEPフィールドだけの稲刈り体験ではなく他の参加者もいらっしゃったので最初に簡単な自己紹介をしたあと、鎌を使ったりするので気を付けたりといった注意があり稲刈りが始まりました。鎌を持って少しずつ刈り進めていけば刈り取ったお米の重さや田植えからここまで育てることの手間を感じながら、みんなで協力してなんとかお昼までに1反(約300坪)を刈り取る事が出来ました。それからお昼休憩になり、今回の昼食には事前に収穫された今年の新米を使ったお弁当でとっても美味しく子供達もペロリと平らげていました。

 

午後からは刈り取った稲の脱穀作業。脱穀機に稲を次々に入れていくと、どんどん稲とお米に分かれていきます。しばらくは作業をしていた子供達も途中からカエルなどを追いかけたり近くの河原へ遊びに行き始め、さらには泥団子を作ったり、最後には脱穀後の稲のなかに寝転がり布団のようにして埋まったりと、いつもとは違う環境だからこそ出来る遊びを子供達は見付けていました。滅多に出来ない手刈りでの稲刈りは中腰の作業で大変な所もありましたが、色々な事を見付けられ今月も素晴らしい活動が出来たと思います。

 

(大津)

NEXTEPの活動にご支援いただいている特別協賛各社