> スタッフメッセージ > 大津 隆太

採用・募集案内

スタッフメッセージ一覧

スタッフメッセージ

img

Message

当初は参加者でしたが、今は職員です。自分自身の変化も感じながら働いています。

ヘルパー

(入職4年目)

大津 隆太

自分がNEXTEPに関わった最初は、フィールド部門の一人の参加者でした。それからボランティアスタッフになってフィールド部門の活動・運営をしているなかで、理事長からヘルパーステーション立ち上げに向けて資格取得の話を頂きました。

今までの日常生活で障がいのある方と関わる事が無く、人と接する事を苦手に思っていて、それまで考えた事のなかった「福祉」という分野での仕事で、自分に勤まるのか悩んだ部分もありました。しかし、ヘルパーステーションが出来る前の話ですが、高校を卒業して空いている時間に訪問看護ステーションで事務のバイトをやらせて頂く時期があって仕事の内容や、訪問先での楽しい雰囲気を知っていました。また、元々子どもたちと遊んだりする事は好きだったのでやってみたいと思い、半年間「介護職員基礎研修」の講座を受けて資格を取りました。

この春で介護の仕事を始めて3年になります。入職して最初の頃は右も左もわからず他の職員に迷惑をかけるばかりでしたが、少しずつ経験を積み重ね徐々にですが訪問先も増えてきました。毎日の訪問を楽しく過ごさせて貰っています。長く関わっていると子どもたちの日々の成長を感じたり、訪問した時に笑顔で迎えてくれるだけで、逆にこちらが元気を貰っている気がします。周りの人から言われる事も多いですが、入職してすぐの固くなって笑顔が出ていなかったり、接し方がぎこちなかったりしていた頃の事を節目節目に考えてみると、いまは自分自身でもかなり変わったと感じています。

なかなか子どもたちとの新しい遊びを思いつかず、楽しみを提供する事が上手く出来ていないので、今後は遊びのバリエーションを増やすと共に、介護福祉士の取得を目指し、ステップ部門にさらに深く、長く関わっていきたいと思っています。

NEXTEPの活動にご支援いただいている特別協賛各社