> 活動レポート > フィールド活動2015年 3月 プレフィールド活動

活動レポート

活動レポート

フィールド活動2015年 3月 プレフィールド活動

img01

◎日 時: 2015年3月29日
◎場 所: 旭志畑
◎参加者: 17名(子ども7名)

◎事後レポート

<活動内容>
午前:草刈り、畝作り
昼食:カレーライス、サラダ
午後:いちごの苗植え、お花見

<本文>
朝、雨が降っていたのでぬかるみの畑を耕す想像をしていましたが…
集合の9時頃は陽気な暖かさを伴う絶好の耕作日和になっていました。
最近、良い行いはしてないはずだが?とふと思ったりもしましたが…
人が集えば今日の作業の話ではなく、お花見したいねーと盛り上がる。
やっぱり、今来ている人の善行は乏しいとみた。しかし、他のスタッフの善行のお陰かみるみる天候は良くなっていくばかり。(笑)
参加の子供さんは用事で来られなくなり、スタッフとその子供さんとで畑へ向かう。たくましく育った雑草にいつもは呆気にとられるはずだが?春の陽気のせいか、士気は衰えず苅り払い機、鎌、鍬等を駆使し、雑草ととっくみあうかのようにみるみる退治していった。あまりの変貌ぶりに子供もニンマリ笑顔でした。
牛舎の真向かいに見える桜が綺麗で花見スポットを作ろうと、幾重にも視界の妨げになるセイカタアワダチソウに鎌を持って奮闘。見事、男の子兄弟で小さなお山と小さな野原を雑草から奪還し、視界の開けた満開の桜を手に入れた。この二人の偉業が後の活動に影響を与えるなど露ほどにも思わなかった。
それから、畑に耕運機をいれ鍬で畝を作りマルチのシートを張って午前は終了。

img01

午後にM&Bフローラさんから頂いたイチゴの苗を植える事にして、昼食作業に取り掛かる。
今日のメニューはカレー。誰の文句もでない定番メニューの一つで、ご飯は羽釜で炊こうということなので、ご飯炊きが重要なポジションとなる。以前はご飯の天使こと、かなちゃんがいたから安心して任せていたが、大学生になって今はいない。スタッフにゴッチン飯は許されないと緊張が走るが、無事カニ穴ができたご飯が炊け安堵の胸をおろす。
カレー班も用意周到で水っぽいカレーは嫌だということで、ルーを準備万端確保していたので、これで美味しくないはずがないという空気に包まれていた。カレーをつぐから皿持ってきてとの掛け声に、素早く行動する子供たちをみると心温まる。更にカレーを食べて体がちょっとほてる。大勢で食べると美味しいせいもあるでしょうが、みんなで食べたご飯1升5合!カレーマジック恐るべし。

いつのまにか子供たちは遊び始めたと思ったら、食器洗いの間にイチゴの苗植えもいつのまにか終わっていた。それから桜をバックにお山で子供たちの記念撮影があっていたが、そのお山に子供が5人密集する姿がまた愛らしい。心が穏やかになっていた所、今度はときめく事が起こった。スタッフがお花見と称し、カルピスとお団子を途中で買っていたのであった。子供、大人とも満腹であったにもかかわらず、更に美味しくいただきました。花見の場所を作った子供に感謝、差し入れ買いに行ったスタッフにも感謝。
そういえば、畑に着いた時、4つ葉のクローバー見つけ、次に5つ葉のクローバーをみつけた女の子がいた事を思い出した。今日の活動も楽しく過ごせたのも、その時からだったのかな〜なんて思ったりもしました。
スタッフ 矢野

c_img00 c_img01
c_img02 c_img03
c_img04

NEXTEPの活動にご支援いただいている特別協賛各社