> 活動レポート > 児童発達支援見学後のレポート46

活動レポート

活動レポート

児童発達支援見学後のレポート46

◎日 時: 2016年3月4日
◎参加者: 児童発達管理責任者

 障がい児通所支援事業所「ボンボン」を見学して

 今回、見学をしてみて、第一印象としては、木のぬくもりが子ども達ととても合っているということでした。ぬくもりを感じながら、さまざまな刺激を受けて、子ども達が表情豊かになっていくと思います。また、通所の活動の中で、療育をする場所・トイレをする場所としっかりとそれぞれの場所の認識をさせているのは、いいなと思いました。医療ケアの子たちが、安心して外出できる・過ごすことが出来る場があると、親御さんにとっても、大きなチャンスになり、活動する場・時間が増えると思います。さらに、相談・訪看も連携することが、より安心・安全な場所の提供・相談し合える環境ですが、それが整っていたので、大きな原動力になると思いました。
私たちの事業所は、ヘルパーステーション・相談・通所と三つの事業がそろっていますが、その中での情報共有する事が、今回の見学で、改めて大事だと理解しました、そして、私たちの事業所内でより力を入れる必要性があると思いました。この見学によって、子ども達・親御さん・事業所の強い絆をしっかりと強くしていく要素がたくさんあったので、しっかりと事業所内でも、共有していきたいと思います。
 見学対応ありがとうございました。

NEXTEPの活動にご支援いただいている特別協賛各社