> 新着情報 > 訪問看護/児童発達支援見学後のレポート62

活動レポート

活動レポート

訪問看護/児童発達支援見学後のレポート62

◎日時:2017年10月25日
◎参加者:訪問看護ステーションスタッフ

小児在宅支援ができる機関がある事で、障がい児、その両親、家族が安心して生活できる環境を整えることが出来ることが分かった。家族の明るい表情、安心して生活している姿が印象的であった。
 訓練介入に関しても成人とは全く異なり、いかに小児の反応を出すか試行錯誤し、「楽しませる」工夫の必要性を学んだ。今までは機能訓練の方法ばかり考えていたのでとても参考になった。
 「訓練」という枠組みから離れ「生活の中」で「できる事」を見つけていく事の大切さを学ぶことが出来た。

NEXTEPの活動にご支援いただいている特別協賛各社