> 活動レポート > 金森俊朗先生特別講演会

活動レポート

活動レポート

金森俊朗先生特別講演会

2017年6月3日

img01

去る2017年6月3日(土)、熊本市現代美術館アートロフトにて、金森俊朗先生特別講演会を行いました。金森先生は、30年以上小学校教諭としてご活躍され、金森学級の子どもたちの様子は2003年のNHKスペシャル「涙と笑いのハッピークラス 四年一組命の授業」をはじめ、メディアでも何度も取り上げられています。

講演のテーマは「生きる力を育てる」。人と自然のつながりを子どもたちが実感できる「実践教育」を続けてこられた先生が語るお話は、どれもエネルギーに満ちていて、その熱さそのまま、心に強く残る講演となりました。子どもたちは、言葉にならない思いを含め、それを身近に受け止めてくれる存在があるだけで安心すること。そんな大人がいるからこそ、のびやかに成長できること。その成長の中で、周りへの思いやりが育まれていくこと。そして何より、本来持っている「生きる力」を発揮し、自ら成長していくこと。長い教師生活で実績を積み重ねてこられた「実践教育」のお話は、大人にとってもたくさんの発見があるものばかりでした。

講演後は、会場からの質問も次々にあがり、それぞれが「学ぶ」ことの意義は何かを改めて考える時間になったのではないかと感じました。近年、様々な「つらさ」が取り上げられる教育現場ですが、教育の場への新たな発見、そしてその可能性を確かに感じるお話をうかがい、本当に素晴らしい機会をいただいたことに改めて感謝の気持ちを抱きました。

NEXTEPの活動にご支援いただいている特別協賛各社