> 活動レポート > 平成30年度「木のおもちゃ」贈呈式を行いました!

活動レポート

活動レポート

平成30年度「木のおもちゃ」贈呈式を行いました!

2018年4月1日

img01

4月1日今年度生まれたスタッフの赤ちゃんが集合し「木のおもちゃの贈呈式」を行いました

認定NPO法人NEXTEPでは幼少期から気に親しんでもらう取り組みとして「木育を推進する行動宣言」ウッドスタート宣言を2015年11月から行っています。「ウッドスタート宣言」とは、日本グッド・トイ委員会が提言をする、"木を中心においた子育て"や、"子どもだけでなくすべての人たちが木のぬくもりを感じながら、楽しく豊かに暮らしを送ることができるように"との取り組みです。

その一環として「最初のおもちゃには地元産の木のおもちゃを」を合言葉に毎年、生まれたスタッフの赤ちゃんへ小国杉で作られた木のおもちゃを贈呈しています。今年度は6人の新生児に「木のおもちゃ」を贈呈しました。当日は小国町産業課長の長谷部様からも木にまつわる話しを紹介いただき、参加者一同、木に対して関心を持つ機会となりました。
渡されたおもちゃに触れると早速声をあげながら、楽しくおもちゃで遊ぶ子どもたちの傍で「以前は上の子どもと参加したんですよ」と2回目の参加となるスタッフもいました。今年で3回目となる贈呈式で木のおもちゃを渡した子どもは合計で17名になりました。子どもたちが木に触れる機会が増えることを大変うれしく思います。

NEXTEPの活動にご支援いただいている特別協賛各社