> 新着情報 > フィールド4月 夏野菜の植え付けとキウイ棚設置

活動レポート

活動レポート

フィールド4月 夏野菜の植え付けとキウイ棚設置

2018年4月15日(日)

img01

◎日時:2018年4月15日(日)
◎参加者:大人13名、こども10名
◎活動内容  
【午前中】
・農作業/植え付け-サツマイモ、とうもろこし、トマト、キュウリ、スナップえんどう、スイカ
・スプリンクラー設置、キウイ棚作成
【昼食】ちらし寿司、すまし汁
【午後】デザート・フルーツポンチ作り


新年度の活動が始まりました!前日から降り続く雨によって開催が危ぶまれましたが、なんとか開催できました。雲行きが怪しく霧雨が降る中、畑作業を開始。雨足が強くなる場面もあり、少し肌寒さも感じられてもう少し服を着てくれば良かったと反省・・・。
農作業はまず耕耘機で畝を作り、苗の植え付けを始める前に苗を見て、みんなでどんな野菜が実るのかを当てっこをしました。「ネギ!」など様々な野菜の名前が上がり、実際植え付けるサツマイモ、とうもろこし、トマト、キュウリ、スナップえんどう、スイカの苗を当てていきました。サツマイモの苗は植え方を描いた絵を見ながら説明を聞き、サツマイモの苗から植えていきました。説明がとても分かりやすく、なるほどと勉強になりました。30㎝間隔で印をつける子ども、そこを掘って苗を植える子どもと役割分担をして植えました。畑には先月の活動で植えたジャガイモの芽も出始めており、今日植え付けた夏野菜の成長も今から待ち遠しいです。


img01

それから霧雨も止み、お昼ごろから晴れ間が見え始めました。昼食はちらし寿司とお吸い物といった春にぴったりな色とりどりのメニューです。ちらし寿司のお米は1升炊きました!酢飯にシーチキンを混ぜ、ちらす具材として赤のかにかま、緑のスナップエンドウ、黄色の錦糸卵、ピングの桜でんぶに、刻みのりと、春にちなんだ色鮮やかなちらし寿司になりました。そして収穫したキャベツが入ったすまし汁ととても美味しかったです。
デザート・フルーツポンチでは白玉を湯がき、フルーツをトッピングした中にサイダーとブドウ味のファンタをそれぞれ選んでフルーツポンチに入れました。どちらが人気あるのか気になりましたが、「ファンタ!」との声が多かく、ファンタが人気でした。
また、活動では前回の活動で植えたキウイの木の棚作り、ブルーベリー畑のスプリンクラーの設置がありました。これで夏場も水やりが安心ですね。そして子どもたちが夏場は喜びそうです。午後には晴れて青空も見られ、風が心地のよかったです。ブルーベリーの花が咲く足下にはタンポポも咲き乱れ、春を感じられる風景でした。農作業などの合間にはキックベースボールをして楽しむ子どもたち。ボールを蹴り上げた先には青空が見え、肌寒く感じていた朝に打って変わって暖かく、子どもたちも元気よく活動できました。草花や野菜といった植物が芽吹く季節に子どもたちの成長も感じられた時間でした。

c_img00 c_img01
c_img02 c_img03
 

NEXTEPの活動にご支援いただいている特別協賛各社