> 活動レポート > 【フィールド12月】もちつき

活動レポート

活動レポート

【フィールド12月】もちつき

2019年12月22日

img01

日時:2019年12月22日(日)
参加者:25名(大人13名、子ども12名)


早いもので今年も年の瀬。新しい年が近づいてきました。
新しい年を迎えるのに欠かせないのが「おもちつき」。
今回のフィールドでは、大勢の参加者とともに、おもちつきを楽しみました。

ぐずつく天気に、冷たい風。
当日は予想以上に荒れた天気に苦しめられましたが、子どもたちの元気パワーでそんな天気も吹っ飛ぶようでした。

蒸し上がったもち米を臼に入れ、おもちつきのスタートです。
まずはお米をつぶさなければいけません。
すりつぶすように杵を動かし、手でこね、またすりつぶし…。
素手で触れるもち米は、とっても熱く、「熱い!!!」と叫ばざるを得ませんでした(笑)

img01

その後、順番交代でついたお餅。
「私もつきたい!」「つかせて~」と立候補者多数。
ぺったん、ぺったん、「それ!」「はい!」
みんなでかけ声をかけながら、力を合わせてお餅をつきます。

お餅がつきあがると、今度は小さくちぎって丸める時間です。
これでもかというくらい丸まった、白くてつやつやしたお餅は、まるでほっぺたのよう。

味付けには、しょうゆ、砂糖じょうゆ、大根おろし、のり、黒蜜、きな粉、あんこを用意。
みんな思い思いに、種類豊富な味付けを楽しみました。
中でも大好評だったのが、女性スタッフ激推しの「黒蜜×きな粉×あんこ」の夢のコラボレーション。

初めて黒蜜を味わう子も、「黒蜜おいしい!どこに売ってるの??」と、予想以上の食いつきでした。すっかり気に入ったようです。

おもちの他には、コンソメスープを用意。具は大根とキャベツとベーコンです。
「おもちも美味しいけど、スープもおいしい!!」「これ絶対家でつくる~」「身に沁みる美味しさ」と大絶賛された絶品スープ。身も心も温まりました。

空いた時間には、風船バレー、絵本読み、かくれんぼなどをしました。風船バレーは、始めると自然と参加者が増え、チーム対抗での熱い戦いが繰り広げられました。
かくれんぼでは、工夫を凝らした隠れ方を編み出している子もいました。久しぶりに参加したスタッフも、「今かくれんぼ中なので!」と全力で身を潜め、遊びを楽しんでいました。

みんなでワイワイしながら、お餅をついて、丸めて、食べて。そして全力で遊んだ今回のフィールド。
私のアルバムに、また、忘れられない1ページが刻まれました。

c_img00 c_img01
c_img02

NEXTEPの活動にご支援いただいている特別協賛各社