> 事業案内 > 〈熊本県委託事業〉小児訪問看護ステーション相談支援センター > Q&A

小児訪問看護ステーション相談支援センター

よくあるご質問と回答

訪問看護指示に関する事項

1.
小児とは何歳から訪問看護を利用できますか。

医療保険の訪問看護を利用できるものは、疾患や負傷により継続して療養を受ける状態にあり、居宅において訪問看護(療養上の世話や必要な診療の補助)が必要であると主治医が認めたもの。とされています。
したがって何歳からという制限はありません。0歳からでも上記の状態なら利用は可能です。
( 平成26年4月版 訪問看護業務の手引 )

2.
小児の場合、訪問看護指示書に特別に記載してもらう箇所などはありますか?

特別に記載が必要な事はないが、小児科医が訪問看護指示書を目にする機会がすくないため、利用開始月には直接主治医のもとへ伺い、記載法のお願いをしておいた方が賢明であると思います。
具体的な記載内容としましては、小児の場合は備考欄に、超重症児・準超重症児の判定スコアに基づいた点数を記載してもらうこと、使用している気管カニューレ・留置チューブのサイズ・挿入の長さ・何週間毎の交換予定にしているなどの情報が必要となります。

加算に関する事項

3.
経鼻経管栄養と気管切開をしている幼児の場合、訪問看護は毎日利用が出来ますか?

利用者1人について、週3回までが限度となっていますが、基準告示第2の1に該当しているものは日数の制限がありません。上記の児は該当しているため、毎日の訪問と難病複数回(2回・3回)の利用が可能です。
( 平成26年4月版 訪問看護業務の手引 )

4.
長時間訪問看護加算に該当するのはどのような状態ですか。また、週に何回まで利用が出来ますか。

基準告示第2の3に該当する
1)15歳未満の超重症児・準超重症児(スコア10点以上)
2)特掲診察料の施設基準等 別表8に掲げるもの
3)特別訪問看護指示書に係る訪問看護を受けているもの
とされています。
( 平成26年4月版 訪問看護業務の手引 )

5.
障害者総合支援法に基づく短期入所を利用され、退院日に訪問看護を行った場合は算定が出来るのか。

医療入院ではないため算定できます。医療入院後の退院日の算定は退院支援指導加算が算定できるが、対象となる利用者は基準告示2の7となっています。
(平成26年4月版 訪問看護業務の手引 )

6.
1人の利用者に3カ所の訪問看護ステーションが介入する場合、24時間対応体制加算は1カ所にしか算定が出来ないか。また、算定できない訪問日の夜間緊急対応はどうなるのか。

24時間対応体制加算は同月に複数の事業所が算定することはできません。1カ所のみの算定となりますので、事業所間での調整が必要です。また、同日に2カ所の訪問看護が訪問しても1カ所しか算定が出来ませんので、計画に基づいた訪問日に訪問した事業所が緊急時の対応は行うこととなります。

小児慢性特定疾病医療受給者証について

7.
小児慢性特定疾病医療受給者証をお持ちの方からの利用希望ですが、ステーションとして何か届け出等が必要でしょうか。

ステーションは、熊本県から指定小児慢性特定疾病医療機関の指定を受ける必要があります。(※詳細は熊本県子ども未来課まで直接お問い合わせください。)
また、受給者証にある指定医療機関の名称の欄に、○○訪問看護ステーションと追加記載が必要になります。利用者の保護者が、居住区の管轄の保健所に訪問看護指示書のコピーを持参し手続きを行うことになります。
熊本市在住の方は、熊本市子ども支援課が窓口です。熊本市以外の方の管轄の保健所一覧は、熊本県のホームページからご確認ください。

8.
小児慢性特定疾病医療受給者証の自己負担限度額の徴収について、考えかたを教えてください。

特定医療費の受給者については、所得により月々の自己負担上限額が定められています。(受給者証に記載)
受給者が、病院・薬局等2カ所以上の指定医療機関を利用する場合が多いことを考慮したとき、自己負担上限額の管理を行う必要がでてきます。
熊本県から、医療受給者証とあわせて「自己負担上限額管理票」を交付されています。

受給者の方は指定難病に係る治療等を指定医療機関で受ける度に、その機関が徴収した額を各機関において管理表に記入してもらいます。
自己負担の累積額が月間自己負担上限額まで達した場合には、その旨をその時に受診した指定医療機関に確認してもらいます。
自己負担上限額に達した場合は、その月において他の指定医療機関を受診してもそれ以上の自己負担がなくなります。
ケースが複雑化することも想定されます。請求に関してわからないことがある場合は、熊本県子ども未来課・管轄の保健所・社会保険診療報酬支払基金・国民健康保険団体連合会にご確認ください。

実施するケア内容について

9.
気管切開した1歳の女児、Y病院に入院中で退院と同時に訪問看護の利用希望がありました。訪問日や時間の設定、退院時に自宅までの移動などはどう考えたらいいですか。

まず、退院日の自宅までの移動ですが、1歳という年齢から車中ではチャイルドシートを使用することが望ましいです。しかし、チャイルドシートに座ると、体勢の問題や固定ベルトの位置などで胸郭が抑制され、酸素飽和度が低下する事があります。入院中に使用予定のチャイルドシートに座らせて低下がない事を確認すること、定頚していないので頭がふらつかないように、クッション材を利用するなどの工夫をするなどが必要になります。自宅までの帰路で、休憩するポイントも決めておいた方がいいでしょう。
訪問日と訪問時間の設定ですが、訪問は母親の不安が大きい退院直後は毎日が望ましいと思います。訪問する時間帯ですが、児の経管栄養の回数(5回の投与なら6時・10時・14時・18時・23時)を配慮して設定するほうがいいのではないでしょうか。栄養投与中と直後は避けた方がいいので、必然的に時間帯は決まってくるとおもいます。
また、家族の生活サイクルも配慮が必要です。きょうだいがいる場合は幼稚園の送迎に母が行かなければなりません。母が妊婦の時は検診にいきます。他にも、家族に児以外にも要介護者がいる場合、いろんなケースがあります。家族とよく話し合いを持ち、必要な時間帯には訪問看護や居宅介護の支援が入るように工夫することが必要です。

※具体的な相談をご希望の方は相談フォームからお問い合わせください。

ページトップへ

NEXTEPの活動にご支援いただいている特別協賛各社