> 活動レポート > NEXTEP~やる気になって帰っていただきます~

活動レポート

活動レポート

NEXTEP~やる気になって帰っていただきます~

2000年12月09日 更新

◎日 時: 2000年12月9日(土) 10:00~17:00(受付 9:00~)

◎場 所: グランメッセ熊本 コンベンションホール

◎タイムテーブル
◇開場・受付 9:00~10:00
◇オープニング 10:00~10:10
◇基礎講演 10:10~11:00
◇休 憩 11:00~11:10
◇パネルディスカッション 11:10~12:30
◇昼 食 12:30~14:00
◇ゲーム 14:00~14:30
◇プレゼンテーション 14:30~15:15
◇交流会 15:15~16:30
◇エンディング 16:30~16:45

◎ゲスト
◇基礎講演講師
アントレプレナーセンター代表取締役 福島正伸氏
◇パネリスト
NICE(日本国際ワークキャンプセンター)代表 開沢真一郎氏
Individual Broadcasting代表取締役 中野大吾氏
落語家 桂右?治氏

◎参加者数: 約250名

◎後 援:
熊本県、熊本市、熊本日日新聞社、NHK熊本放送局
RKK、TKU、KKT、KAB、KCN、FMK、熊本シティエフエム、
熊本大学、熊本県立大学

 

2000年12月9日、グランメッセ熊本にて”NEXTEP~やる気になって帰ってきていただきます ~”を皆様のお力をお借りしながら無事開催することができました。

 

グランメッセの方との偶然の出会いからスタートした今回のイベントは、8月の後半から大学生を中心に約6名で動き始めました。企画内容・予算などもすべて白紙のなか、思いをぶつけ合いながらイメージをふくらましていきました。たくさんの人が出会って、刺激を与えあい、自分らしい生き方・未来を夢描く、そんな場所が創りたいという思いで準備をすすめていきました。企画の大枠を決め、ゲストと交渉し、予算をたて、協賛取りに走り回り、ポスター・情報誌・ホームページを自分たちのパソコンで作り、どれもこれもが初めての経験の連続で思い通りにいかないことばかりでした。そんな数々の壁を乗り越えていけたのもいつしか20名に膨れ上がった仲間がいたからです。毎日のように朝まで議論を重ね、意見をぶつけ、ときには悔しくて涙を流したのも、少しでも良くしたいという熱い思いからでした。

 

そんな紆余曲折を乗り越えて辿り着いた12月9日は一瞬で終わってしまいました。クラブをイメージしたオープニングでスタートした”NEXTEP”、起業家支援を行っている福島さんの基調講演では世代を問わずに夢を持つことの大切さを話していただき、多くの人に感動・共感を与えることができました。パネルディスカッションでは3名の自分らしく夢に向かって進んでいる方々から個性あふれる話を聞くことができ、元気づけられたり、ヒントをもらったりしたようです。

 

昼食~午後にかけての交流会では、ビンゴゲームやグループトークで話のきっかけをつかんでもらいながら、いろいろなジャンル・世代の人と話をし、自分が今やりたいことについて語ってもらいました。自分の夢や考えを伝える機会の減っている学生にとっては特に有意義な時間となったようです。プレゼンテーションで自分たちの考えを形にしようと頑張っている人たちの話を聞けたことも刺激となったようです。エンディングでは、全員が輪になって音楽に合わせて踊りました。みんな童心にかえり無邪気に踊りながら、仲間がいるという一体感と人と出会う楽しさなどを感じながらイベントを終えることができたのではないかと思います。

 

これから・・・

 

この一瞬にして終わってしまったイベントはゴールではありません。これからが始まりだと思っています。このグランメッセで出会った約250名が、今回の出会いを活かしながら自分探しをしたり、自己を表現したりしていく場所(NEXTEP)を創り続けていきたいと思っています。NEXTEPに情報や企画を流したりすることで、新しい仲間やアイデアが生まれ、自分の道を切り開いていくヒント、未来を創っていくヒントが得られるような場所をみんなで創っていきたいと考えています。具体的には、ホームページやメーリングリストを使ってのNEXTEPな場所創り、また、NEXTEPな出会いが詰 まった交流会・講演会などを行っていきたいと考えています。

 

まだまだ社会経験の少ない私達ですが、それぞれの世代の人たちがみんな自分らしくいきいきとしている、そんな21世紀を創っていけたらと思っています。

 

NEXTEPの活動にご支援いただいている特別協賛各社