> 活動レポート > 不登校児サポート活動勉強会

活動レポート

活動レポート

不登校児サポート活動勉強会

2006年05月14日 更新

◎講 師: 魚住信義(熊本市引きこもり相談員)
◎日 時: 2006年5月14日(日) 10:00~11:00
◎場 所: 熊本市中央公民館
◎参加人数: 14名

 

◎事後レポート

 

◆内容◆
●大学では経済学部と現在の仕事とは全く無関係の学部に在籍。近所に口唇口蓋裂の不登校の子どもが住んでおり、その出会いをきっかけに障害児学習に取り組む。特殊学級や養護学校、また東京での子どもの教育研究所での出会いの中で、周りの理解のなさを感じる一方、協力者も増えてきた。など、先生のこれまでの経過を交えながら経験談を紹介される。関わっている子どもから「大人になるとはどういうこと?」という質問を受け、その時は答えがみつからず、今でも課題となっていると先生…。

 

◆学んだこと◆

●子どもは必ず変わる。時間がかかるが寄り添ってほしい。児が悩んでいること、心に触れていくことが大切。
●子どもは全部聞いている。まずは、その子自身を認めることから始める。
⇒相談室に来た子どもは、“無理やり連れて来られた”と感じている。来た時は不安で暴れたい。「よく来たね有難う」「今のままでいい」という言葉にほっとする。
*不登校だった子どもが、「相談室では暴れたくて仕方がなかったが、先生の一言でほっと安心できた」と高校受験合格の報告の際に打ち明けた言葉。
●コミュニケーション能力の問題は多少あるものの、子どもたちは自分の興味のあることは話したくて仕方がない。子どもが何をやりたいのか、何を望んでいるのか…そこを知ることから関係作りは始まる。
●母子の関係は切っても切れない。甘えではなく、子どもが離れるまでゆとりをもって接することが大切。お互いを信じること信頼関係が生まれてくる。甘やかすのではなく、甘えさせてあげることが必要。
●子どもは大人の世界に合わせようとしてしまう。家の雰囲気が変われば子どもも変わる。まずは親から。
●中学校3年、今の子どもには5年は必要と感じる。中2の夏が変化大きい。ワンステップ上がり自己主張が出てくる。学校の理解乏しく、解決しないまま受験勉強に突入し混乱。2~3年は発達途上にある子どもが伸び伸びと過ごす時期であってほしい…と先生。

 

◆感想・その他◆

お話を聞く中でまず、人の人生をも左右させてしまう大きな力をもっている“出会い”の素晴しさを感じました。私たちもこれから活動を通して多くの出会いがあると思います。先生の実体験より、今後私たちが活動していく中でのヒントをたくさんもらいました。まずは、“相手のことを知りたい”という気持ちを入り口に関わっていけたらと思います。

 

(文:田代、写真:夏原)

 

NEXTEPの活動にご支援いただいている特別協賛各社