> 活動レポート > 6月2日 スタート!2012~NPO・ソーシャルベンチャー合同ガイダンス~

活動レポート

活動レポート

6月2日 スタート!2012~NPO・ソーシャルベンチャー合同ガイダンス~

2012年06月26日 更新

◎日 時: 平成24年6月2日(土)17:30-19:30

◎場 所: 熊本県民交流館パレア 第1会議室

◎参加人数: 105名

◎内 容:

・団体プレゼンテーション
・出展団体ブース巡り

◎参加団体:

・ビッグイシューくまもとチーム
・フェアトレードシティくまもと推進委員会
・ 九州国際ワークキャンプセンター(NICE九州事務局)
・マチナカレッジ
・くまもとアートナビ
・NPO法人ドットジェイピー
・一般社団法人フミダス
・NPO法人NEXTEP

 

<活動報告>

 

平成24年6月2日(土)、くまもと県民交流館パレア第1会議室を会場に、-NPO・ソーシャルベンチャー合同ガイダンス- スタート!2012を実施しました。今年は準備からNEXTEP以外の仲間との協力関係の上に実施したこともあり、参加団体16団体、参加数144名で大変充実した内容にすることができました。以下、企画段階から当日までの様子をご報告致します。

 

◎他団体との連携による企画、広報、実施

 

ここ数年NEXTEPで主催してきたスタート!でしたが、これまで継続してきた基盤の上に、さらに意欲的な企画としてレベルアップを図りたいという想いから、今回は新しい試みを行いました。それが、NEXTEP以外の団体と連携して実施することです。そこで、平成24年2月27日に最初の打ち合わせを行い、島津(NEXTEP)、佐々木(NEXTEP)、濱本(一般社団法人フミダス)、荒木(株式会社ディカーナ)4名で連携し企画することとなりました。

 

◎企画コンセプト

 

会議を重ねながら、今回の企画趣旨は、熊本の大学、専門学校など、社会人になる一歩手前の学生生活を送るみなさん、特に「このまま社会に出て大丈夫だろうか?」「何かをやりたいけどきっかけがない…」「学生生活、このままでいいのかな…?」「限られた時間、エネルギーを、何に使うと良いのだろうか。」といったことに悩む学生さんたちを対象として考えることを確認しました。そしてこのスタート!を通して、「経験」「刺激」「人脈」「知識」など“社会経験”に溢れる場としてのNPO、ソーシャルベンチャーとのマッチングの機会を提供する。その結果として、学生生活を社会に触れる経験を伴った豊かな成長の時間にしてもらうことを目指す。これが今回のテーマとなりました。

 

◎広報活動

 

広報活動にあたっては、各出展団体、日頃よりNEXTEPがお世話になっている各大学教授のご協力をいただきました。加えて、今回はフミダスの学生スタッフ土屋さんや横尾君、NEXTEP学生部門「ドリカムキッズ」前島くんなど、学生メンバーからの広報が加わったことが集客で一般参加105名という結果につながったと思います。

 

◎当日の様子

 

当日の運営では、現役の学生3人が進行役(土屋望生、横尾正将、菅本香菜)を行うことで、会場の雰囲気をよりエネルギッシュに盛り上げてくれました。

 

開会、主催者あいさつの後、団体プレゼンテーションから始まります。話を聞く側の各参加者には3枚ずつ投票カードという用紙が配られており、8団体の中から興味を持った3団体に投票するというルールです。

 

マチナカレッジから始まって、最後のNEXTEPまでスライド、映像、体験談など、それぞれ工夫を凝らしたプレゼンテーションでした。続いて、各ブースめぐりの時間です。各ブースに人だかりができます。参加者にとっても、自分の興味のある団体スタッフの直接の話であり、話をする団体にとっても、興味を持ってくれている学生さんと直接話す機会。さらに会場の熱気が高まります。

 

そして、団体プレゼンテーションの後は大交流会の時間です。参加者は話を聞き足りない出展者のブースなど自由に行き来します。また、この時間に平行してブースは出していないがプレゼンテーションを行いたいという団体の方によるオープンマイクでのPRもおこなわれました。

 

◎総括

 

くまもと県民交流館パレアに、出展団体を含め総勢144名の若者が集まり会場は熱気に包まれました。参加者の皆さんからも、「参加してよかった」との声をたくさんいただき、また、マッチング件数は112件にのぼり(※マッチング件数・・・団体に興味を持った学生と団体との連絡先の交換)、まずまずの成果が残せたのでは無いかと思います。

 

スタート!の今後の可能性ですが、今回チラシの印刷部数3,000枚による告知で一般参加105名という結果でした。乱暴な計算ですが、熊本県内30,000人の学生に告知できると、1,000人参加です。体制さえ整えば、1,000人規模のスタート!開催もできるのかもしれません。あくまでも勝手な予測です。

 

ただ、NPOや社会的な事業に興味を持つ学生さんは一定数以上いらっしゃるということは確かなことのように思います。そうなると、一方で受け皿となるNPOの質が上がることも大切だと考えられます。熊本県内に社会的に魅力的で、学生たちも魅力を感じるような事業活動を行うNPOがどれだけ増えるかが重要だということです。私たちNEXTEPも一歩ずつレベルアップしていきたい。そんな想いを強くする機会となりました。

 

ご協力頂いたすべての皆様に感謝いたします。

 

スタート!事務局 佐々木 大河

NEXTEPの活動にご支援いただいている特別協賛各社