> 活動レポート > フィールド2015年6月 ジャガイモの収穫・七夕飾り作り

活動レポート

活動レポート

フィールド2015年6月 ジャガイモの収穫・七夕飾り作り

img01

◎日時: 2015年6月28日
◎場所: 旭志畑
◎参加者: 17名(子ども9名)

◎事後レポート

<活動内容>

午前:ジャガイモ・トマト・キュウリ・トウモロコシの収穫、竹のカレー皿作り
昼食:具沢山野菜カレー、野菜サラダ
午後:七夕飾り作り

本文

雨が降り続く毎日だったので、フイールドの活動も大丈夫かなと思っていましたが、見事に快晴でした。しかも風が吹くと涼しく、畑をみるとトマトとキュウリがたわわになっていました。

早速、キュウリをみるとちぎられ食べていい?と尋ねる子どもがいて美味しく頂かれていたようでした。ジャガイモは覆っていたシートをはがしてからジャガイモを掘りだす作業で、赤いジャガと普通の色のジャガ2種類に土の中からミミズもいて、宝探しの様相を呈していました。

また、今日来られた家族の中に、どっかで会って話した事あるよな~と思っていたら…以前一緒に活動していたスタッフでした。3人のお子さんとご主人も一緒来られていたので、幸せそうで大変そうで楽しそうで、みたいな話をして笑いました。

竹切りに選抜して子ども達と行く時、子ども達のウキウキ感が伝わってくるのが楽しみの一つです。竹やぶに行くまでに、血気はやるせいか?これ切っていいと言われるも、なだめながら取り敢えず竹切り場へ。協力して1本竹を切りましたが、6年生の女の子一人で切りきりました。(助かりました)竹のお皿とスプーンも頑張ってもらい女子力の強い、時代の流れを感じました。

img01

出来立てのカレーはとても美味しかったです。これに具沢山のサラダもついてお腹いっぱいになりました。今回は大人用に辛口カレーも用意して好評でした。個人的にはナスとカレーが絶妙で、そのあとトマトをかじる喜びがたまりませんでした。

満腹になってからの七夕飾り。暑いせいもあってか動きもイマイチになりながらも、「ストップ!地球温暖化」と短冊に書く子どもをみて、自分の願いよりも地球の心配する子どもはエライと、心の中で思いました。

天気に恵まれ、食材にも恵まれ、子どもの短冊をみて感心させられて、いい一日となりました。(矢野)

c_img00 c_img01
c_img02 c_img03
 

NEXTEPの活動にご支援いただいている特別協賛各社